毎度、おにぎりには、味付け海苔を巻いてほしい、僕です。ぎりぎりおにぎりです。

出逢いのツールって色々ありますよね?

その中で有名なTinderでのお話。簡単に説明すると、自分の現在地情報を基に、自身が任意で設定できる距離数に応じて、画面に女性が出てきて、いいなと思う子はLIKEボタン(右スワイプ)違うかなと思う子は、NOPE(左スワイプ)で次々女の子を査定していく。お互いがLIKEをすれば、無料で女の子とチャットができるという仕組み。

Tinderがオススメか否かと言われれば

正直、オススメはしていないです。
 僕もやっているのですが、まず無理ゲーです。
イケメンでも何でもないのに、勝てる訳がないのです。なので僕の用途としては、無課金でも出会える可能性を秘めているものの、女の子とチャットを楽しむ且つ語彙力を鍛える為もしくは、LINE電話でトーク力を鍛える為だと考えています。会える可能性は、ほぼゼロだと。
やはりお金がかかっていないので、非常に厳しいと思われる。
ティンダーは、

工数も時間もかかるので、彼女探しには適していないというのが僕の結論

期待を持てば、悲しくなるだけなので。僕が実際に出逢えたのは数人だ。約束をこぎつけたのにドタキャンならざらにあった。
チャットのみのやりとりだからであろう。現実味を帯びていない・・・という訳で、

出逢ってくれる子は、天使に思えてくる。

 第1印象が写真で決まるこのアプリ。マッチしないと、会話が出来ない仕組み。
つまり、大前提として、こちら側に選ぶ権利なんてないぐらいマッチしない。
マッチしたとしても、飽きられたり、合わないなこの人と感じれば、
次の異性へと会話を弾ませる。それでも会ってくれる娘は、僕のテンションが
アガるという意味で、アゲマンと勝手に命名することにする笑

 こんなインスタントラーメンのような、仕組みのマッチングアプリに、
会えるかもしれないとわずかな希望を抱きながら、時間を浪費している。
僕は、もう出逢いを期待はしていない。LINE電話でトーク力を磨いたりするのに使っている。

メールやSNSで手軽にコンタクトが取れるこの時代。だが、会わないことには、次には進めない。

人に会うということは、相手の心に自分を残すということだ。

実際のチャットの様子を公開

女性とのチャットで最も大事なことは、外さないこと

ん?どういうこと?って思われるかもしれないので、実際の画面を紹介しながら事例をみていこう。

魅了したので、今でもLINEを続けることに成功
さきほどの続き。
画面越しに爆笑を誘致
発想力豊かなんだということをいやらしくなく、アピール。かれこれ2週間やりとりが続いている
愛のままにわがままに僕は君だけを
傷つけない
大阪に来た理由を、さりげなく聞くことに成功
君と会える可能性はあるのかい?
知った風な口を利く作戦
端的な質問への回答は、
ワンポイント入れるとチャットが弾む
back numberが好きと
書いてあったので、
つい調子に乗りすぎたパターンです。
これ以降、返信がありませんでした。

でも結局、写真がすべてを物語る

マッチしないとチャットが始まらないこのアプリ。第一印象を決める写真がマッチする可能性を上げる決め手となる。ポートレートを使ってとった写真等を使用されるのが好ましい。またアプリ内で課金するのは、正直お勧めしない。まずは、写真を撮る。それに尽きる。
そんな写真ないよ。撮ってくれる人いないよという方には朗報だ。

タイムチケットというサービスがある

こちらでマッチング用のアプリの写真を撮影してくれるサービスがある。これで自分史上最高の写真を手に入れよう!これで問題は万事解決。レッツスワイプ!

広告