ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

くだらない話も思い浮かばないくせに、
そのまま君を抱きしめて離さない
後ろの正面だあれ?
ことぎりぎりおにぎりです。

久しぶりに、ティンダーでお会いしたので、誠しなやかにご報告申し上げます。

Tinderで一つ年上のお姉さんとお会いした件in 難波

すぐにLINEへ移行することに成功した僕

僕がキャプテンをやっていると報告すると、食いついた彼女。
その流れで、お会いする流れになりました。
27歳えりさん(仮)

写真を見た感じの印象は、とても丁寧に生きてそうな上品な装いである。

会話の流れやタイミングってとても大事だなと。
彼女が心を開く瞬間を見逃さないようにしないと
ダラダラチャットを続けてしまうのは、非効率

適切なタイミングでデートの約束にこぎ着けた僕は、
その後もLINEで適度にチャットを続ける。

僕はなぜか、
今日イケそうな気がする~

(オナ禁の最中だったので、やけに自身にあふれていた。)
という訳で仕事終わりにお会いしました。

そしていよいよデート当日

久しぶりのデートである。ここのところ、チャットでしかトークしておらず、生身の女性とトークするのは、久しぶりでもある。

帰宅次第

ひとまず、自分を最高な状態へ仕上げるためにいつもの儀式(準備)を。

  1. ひげを剃る
  2. ワックス・スプレーで髪の毛を整える
  3. 眉毛を整える
  4. BBクリームを塗る

お気に入りのブレスレットを着用していざ出陣!

本日デートに使用したお店はこちら!

裏なんば 炭焼笑点 陽

現地で待ち合わせをすることに

なんどもいうが、久しぶりのデートに多少なりとも緊張していた僕。
少し早めに到着し、ソワソワしながら、待機。
おっと。LINEが届いた。

来た来た来たー!!!!!

ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

ドタキャンのやつやん!!

と引き返そうとおもった矢先。えりさんが角から飛び出してきた。
無事に合流できた。
僕にとって、高嶺のえりさんにならなければいいのだが。

印象は、写真のイメージよりも、凛としていて、肌白で上品でいわゆる綺麗なお方だった。

お互いのTinderでの写真の印象、過去の恋愛話等、他愛もない話しを繰り返し、悪くないかなといった感じだが、少し煮え切らない。

適度に時間が来たところで、店員さんにお会計をお願いした。
こともあろうか店員さんは、伝票をえりさんに渡した。
伝票には8,000円と記載されている

3,000円かな~!でも楽しかったから、2,000円でいいよ!
というお得感を与えることに成功した僕。
彼女は嬉しそうにお財布からお金を出した。

そして、

ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

こんなに早く帰ると、却ってママが心配するから、
次のお店へ行こっか!


などと、無理やり正当感を示して、二次会に行きやすい理由や雰囲気づくりを呈する、僕。二次会は、もちろん僕のホームコースである、ブルーバードミナミへ。

【難波】デートにおけるおすすめのbar

失念した 手つなぎテスト
こともあろうか、手つなぎテストを忘れてしまっていた。
というより、抱きたいという気持ちが勝っており、
理性ではとても制御できない、本能がむき出しになっていた僕。
恐るべしオナ禁。

どこに行くの?と聞いてくる、えりさんに、
下心をむき出しで、こう言ってしまったのである。

ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

ホテル行くやで~

えりさんは、引いていた。
なぜならば、一次会で僕の恋愛観を彼女にこう展開していたのだ。
僕はヤリモクじゃないし、むしろ女性に対しては、じっくりコトコトしすぎるタイプなんだ

ってね(^_-)-☆

本当のところ、そんなことは、これっぽっちもないのに、
【体験版】口は災いの元。
えりさんは、その話を蒸し返してくる。

ブルーバードミナミはホテルの建物内にあるので、
尋常じゃないくらい、警戒するえりさん。

ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

ホテルは冗談。
じっくりコトコト派やから。安心して。

となだめることになんとか成功した僕。

本当に

barだったことに安心した様子のえりさん。
また話しが弾む。
こんなところ初めて。と喜ぶえりさん。

お酒も入った僕に、理性スイッチが利くはずもなく、こともあろうか、
キスをせがんだ僕。

彼女は明らかに興ざめしていた。

そりゃそうだろう。言ってることと、やってることが全然違うのだから
【体験版】矛盾

キスは、もちろんお預けでお会計を済ませ退店。

が、襲い掛かる僕の本能w

彼女を駅まで見送る際またしても、キスをせがんだのだある。
改札口前でイチャイチャするなんてマナーのかけらもない、余裕を持ち合わせていないそんな大人を好きになるはずない。

が、あれ?
えりさんはモジモジしている。

これはいける。キスできる!(と本能が叫んでいる)

ほっぺや耳にキスをして、相手の様子をうかがう。
でもやはり、口でのキスはお預けか。
俺はこんなに心を開いているのに。
という愛のささやきもむなしく、
今日のデートを象徴するかのように、空回り

このままでは埒があかないと悟ったえりさんは、
僕の口びるに、ほんの軽く合わせてそそくさと帰っていったのである。

失敗の復習ま と め

1.本能をいかにコントロールしながら、試合運びをするのか。
2.改札口でイチャつくのはNG
3.いきなりキスをせがむのは違う。
   手つなぎテスト等もっと段階的に、様子をうかがうべき。

後日、もちろん、えりさんからの返事はない。
明らかに敗北なのである。

新たな気づきとしては、
久しぶりの女性とのデートで、気の利いた会話が少なかった(笑える話が少ない)
あまり目を見て、会話できなかった。

ワイ、完全に非モテに逆戻り

悲しいがこれが現実。
女性との出会いの数、分母数を増やし、また修行に励みます。
大好きな人にフラれると自信まで失うんですね(笑)
【恋愛】失敗を繰り返し、学ぶということ~失恋しました~
街コン・スイッチバー等、モテるために惜しみません。
引き続きよろしくお願いしますw

広告