【Tinder】9人目!またまた裏難波で昼デートしてきましたよ!

毎度!僕です。
難波で9人目の女性とデートをしてきましたのでご報告致します!

Tinderでのデートの約束を取り付ける方法

1 いきなりデートに誘わない

いきなり出てきていいのは、ステーキ高嶺の花子さんだけだ!


あくまで前後の文の脈絡から
自然とご飯に誘う

なんで会うことになったんやっけ??

ぐらいがちょうどいい。



2 スピーディー

ご飯に誘う自然な流れがくるまで、
ダラダラ、チャットを続けるのは得策ではない。

自分で自然な流れを引き寄せよう!


チャットでは、テンポよく話題を振り、

こちらが主導を握り、引き寄せるのだ



例示すると以下のようになる。

パターン1

ぎりぎりおにぎり
ぎりぎりおにぎり

日本酒が好きなんだ~。
呉春とか飲みやすいよね!

えぇー知らない。どんなお酒なんですか?

ぎりぎりおにぎり
ぎりぎりおにぎり

飲みあたりが、フルーティーでとにかく飲みやすいのよ。
一緒に行く?

ぜひ、行きたいです!

呉春がどんなお酒なのか気になるのであれば、自分で調べるはず。

彼女の中で、すでに僕と食事してもいいというOKサインが出ているのである。

ちなみに、結局夜都合が合わず、ランチに行ったので、日本酒は呑んでいない。

パターン2

ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

Tinderで会ったりしてる?
今度お茶とかどう?

1人しかお会いしたことないです。
お茶いいですね!

ぎりぎり<br>おにぎり
ぎりぎり
おにぎり

今日とかどう?

ごめんなさい。土日予定が入ってて。
来週はどうですか?

ぎりぎりおにぎり
ぎりぎりおにぎり

土日、サッカーの試合とかでダメだから、土曜日の夜でもいい?

OKです。

お店調べてまた連絡します~

もちろん、今日すぐにお茶する気なんて、僕は、サラサラない


彼女の「お茶いいね!」という言葉が、

建前か本音かどうかを炙り出すために、


使ったに過ぎない。

すると彼女は、

自ら空いている予定を提示してくれた。



3 会うまで変なこと聞くな

顔をもっと見たいとか、体型はどんな人ですか?
LINE交換したいとか。


そんなくだらないことをチャットで聞かなくていい。
そんなことすると逃げたくなるのは、同然なのである。


この人は、

人の良し悪しを外見や肩書で判断しています

って、名刺に書いて渡しているのと同じ。

何度も繰り返すが、
ドタキャンされるからには何かしら理由がある。

相手は悪くない。悪いのは自分。

ドタキャンを喰らったら、

まず自分に悪いとこやキモいところが無かったか、
見つめ直す良い機会と捉えよう。

 

さすれば、成長はもう目前である。

僕自身、ドタキャンされた記事はこちら⇒【体験談】上手く行かないのには理由がある。ドタキャンされましたの巻


待合せして合流

かよちゃん 商社営業26歳

時間丁度にやってきた彼女。

うーん。真面目さんって感じの彼女。


同い年だったが、ここまで肌って荒れるものだろうか?笑

荒れているってよりも化粧が濃い?


ただ、かなりの巨乳ちゃんなのである。

前回、肌荒れ巨乳ちゃんとのデートでは、
欲望と理性の狭間で喘いでしまったので、

お昼ごはんを食べて、
コーヒーを飲んで帰った。

トロトロ贅沢ハンバーグ!?は、こちら。

前回食べることが出来なかった、
『まるでユッケのようなハンバーグ』を発注。
(Sサイズ1300円)

これがまた、べらぼうに美味しかった。

トロトロのハンバーグ。

和牛だからこそできる、
赤身状態を残した贅沢なハンバーグだった。

前回の記事はこちら⇒【Tinder】昼呑み!裏なんばデートして来ました

12時15分頃に行くとカウンターや机は空いていたが、15分ぐらい経過すると、満席状態となっていた。

裏なんばで人気店となってる為、早めに行くか、遅めに行くことをオススメ

難波でコーヒー飲むならココ!

YAMAYA 山家珈琲

〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4丁目8−6

僕が大好きな理由の1つとして、

人気(ひとけ)が全く
ないのである。

大阪難波駅から徒歩1分と好立地にも関わらず、
難波とは思えないぐらい、静かなのである。

人が全然来ないので、
ゆっくり話したい派のデートにはピッタリ!

タリーズやスタバみたいに、
人が入れ代わり立ち変わらない為、
景色が変わらず、

自分のトーク力が試される。



そうここは、彼女と僕の2人だけの


しゃべくりセブン

ここは、ぼくのホントお気に入りカフェで、

落ち着いてトークできる大人向けなカフェである。

カウンター席と地下にテーブルがあるが、
地下に、ぜひ行こう。
絶対行こう!

雰囲気が、ほんとにいい。

流れるジャズも心地よく、
ゆったり相手を知ることができる環境にあるのだ。

彼女と話した内容

話した内容としては、最近覚えたプチネタである、

1番モテるのは、親切だ!

という話や、
どういう人を好きになるのか、
付き合った期間やお付き合いする基準。

何故、僕は、過去の男の情報を聞き出すのか。


恋愛マニュアル
なんてものは無い
(モテる為のテクニックはあるのだけれど。)

人それぞれでの「基準」がある。

好きになる基準
許せない基準
lineの頻度の基準
電話の頻度の基準
・・・etc


そこを知らなければ、次のステップがない。

1回目のデートで手を繋ぐのは、
チャラいという人もいれば、

好意を示してくれて嬉しいという子も少なからずいてる。

その情報を直接聞くのは、キモいのである。

そこで会話に登場させる、第三の人物。


元カレという存在。


元カレとはどうだったのか?

そこを聞くことでその人となりが分かるのである。
だから恋バナを必ずして欲しい。


恋愛マニュアルは、その人それぞれで異なるからだ。


女性を幸せにする

それが恋愛工学であるが、
恋愛工学そのものに操られて、
目の前の女性を楽しませることができないのであれば、それはただの自己満足。


独りよがりの恋愛なのである

ぼくにも、
いつか好きな人が、現れるといいなぁー!

かよちゃんとは、もう会うことはないかもしれないが、
楽しんでもらえたようなので、ヨシとします(๑•̀ㅂ•́)و✧


広告