【恋愛テクニック】手を繋ぐタイミングとは。

くだらない話は思いつくのに君を抱き締めていい理由が見つからない僕です!ぎりぎりおにぎりです。

女子と手を繋ぎたい

前回、サカコンの話をサクッと記載させてもらいました。久しぶりすぎて、撃沈してしまったのだけれども、女の子とどのタイミングで手を繋ぐが分からないとかそんなエモイ話になった。

これは、逆算するととても簡単。

はじめまして〜
ちょっと一口キスさせてもらえる?

って言われたらどう思いますか?笑

これは僕ら男性が
女性に言われても、

なんでなん?


ってなりながら、キスすると思います


するんかい!笑



要するに手順を踏まえないと

次のステップにはイケませんよ

って話。

おおまかなステップを書くと、

ステップ

1.魅了する

2.手を繋ぐ

3.キスをする

魅了もしていないのに、
手を繋いだり、肩に手をまわしたり
いきなりキスをしようとするのは、

NG


亀頭の片隅に
入れておこう

1.魅了する

 相手に逢って、好感を持ってもらう時間。

ここで違和感を感じられると、
もちろん次にはイケないし、


次回のデートには誘っても来ない

とどのつまり、

女の子のシフトがいつまで経っても出ないのだ笑。

デートで行く食事は、およそ2時間制。

ここで、まず予選突破しなくてはならない。

心配いらない。

女の子と食事にありつけたのだ。

必ず上手く行く

上手く行かない男性は、


この時間を適当に過ごしたり、

見た目をおざなりにしている

可能性がある。

 


人間は損得勘定で生きている。

これは

遺伝子を残す!

という生物として繁殖させたいという本能を持ち合わせているので至極まっとうなことであり、生き残る為に極々当たり前の話だ。

この男と一緒にいて生き残れるのか、女の子は、遺伝子レベルで査定している。


女の子は一度、身籠ってしまうと、
身動きがとれにくくなる。

イイ男を
見極める必要



がこのデートの時間となる。

決してLINEや電話では、

魅了できないからな!

かといってそんなに難しく考えなくていい。

損得勘定っていっても

楽しい時間
過ごせてる!


あなたといることで
楽しい時間を過ごせてる私!

って思ってもらえたらそれでいい。


だから


ご飯をおごる
必要もない。


魅了するためのお会計術

その名も

『嘘も方便作戦』



ぼくが
いつも使っている手段を公開!!

デートのお会計が6000円掛かったとする。

折半すると1人3000円だ。


会計を先に済ませておいて、
お金を集める際は、

4,000円やったけど、
今日とてもたのしかったから
3,000円でいいよ~

女の子には、『8000円(4000円/人)やったけど、今日とても楽しかったから、3000円でいいよ。』とでも言えばいい。

男としては、きっちり割り勘だし、
女の子にも好感ですよと伝えた上で
1000円値引きのお得感を味わってもらうことができる。



2.手を繋ぐ

手をつなぐ デート



付き合ってもないのに、
 もう手を繋ぐの?


って思うかもしれない。

いいか何度も言うぞ。

この1回が
上手く行かないのならば、

次は無い!


どのタイミングで手を繋ぐの?
食事中はできないよね?

 どのタイミングで手を繋ぐの?
食事中はできないでしょ?

とおもったそこのキミ


答えは、

1回目の会計を済ましたあと!

自然な流れで
違和感なく
手を繋げるからだ

二次会へ移動する際にさりげなく手を繋ぐ。

先程の会計時に、
1000円値引きしたとお得感を与えているので、

『じゃあ行こっか』

堂々とスムーズに行くことができる。

『明日朝が早いから』

と2次会へは断られても

手を繋ぐところまで、できたらそのまま繋いで駅まで見送るんだ。

ここまですれば、

次回もスムーズに約束にありつけだろう

3.キスをする

キスをする

2.手を繋ぐで2次会に行った前提の話しです。

間違っても、駅の改札ではキスをしないように。

女の子は、


シチュエーション

大事にする生き物

帰るのにキスを
せがむのはよくない。

帰りにキスをせがんでいいのは、
イケメンに限るのだ。

今まで魅了したのが
台無しになってしまう

2次会では、
カラオケか、暗めのbarがいい。

要するに明るすぎるのはNG。

居酒屋には行かないように。


目的は
キスをするんだ。


カラオケが苦手という女の子もいるので、選択肢を2つ持っておこう。

手を繋ぐという行為自体
が、身体と心をとても
密接させる行為。


ここの手を繋ぐ行為を越えたらキスまでの方がEasy。

暗めのbarに行った場合、
オシャレなお酒を呑みながら耳元で愛を囁やこう。


酔っている彼女は、アナタをとても魅力的だと感じるはずだ。

barに行く際は、あくまで、さりげなくだ。

当たり前のように堂々と入る。

不安なら1次会のトイレで予約をとっておこう。

ここまで出来れば相手の目をみて、唇を見る

カラオケに行った場合は、隣に座るんだ。


必ず
死守するんだ


部屋を暗くして、数曲歌えば、
曲を入れるのをやめ、相手の肩に手を回し、
君はとてもキレイだと、あくまで自然な流れでキスをする。

といった流れが僕の成功体験。

あとは繰り返し練習すれば、


自信になる

上手くいくパターン、
よくなかったパターンが
自分のなかで、形となるからだ。

君に必ず夏が来ることを祈っている。




広告