【体験談】真にモテたいと思ったきっかけ過去の敗戦を経て僕は強くなると決意する

目玉焼きは、半熟以外認めません!僕です。ぎりぎりおにぎりです。

突然ですが!

モテたい

と考えたことは、誰にでもあると思います。

僕にだってモテたい

と思ったきっかけがありました。

僕は、
なぜモテたいと考えたのか。

今回は、僕の経験を記します

きみだって、

恋人を奪われたとか、
彼女が見知らぬ男と歩いていたとか

経験があったからこそ、
モテたいと考えたはず。

モテたいと考えたことのある皆様に共感してもらえれば。

そして、辿り着いた僕の答え。
僕の人生を大きく変えるきっかけになった


一冊の本とは!?

モテたいと思ったきっかけ

ごく普通に社会人を生きてきて、ボッチ暮らしも順当にこなしてる日々だった。

ふと思ったが、

あれ?

なんも面白味なくない?
俺の人生これでいいのかー!!

っていう想いが芽生えつつ、
でもまだまだ若いしと、余裕をかましていた20歳そこら笑

とそんなところで、

友人(遊び慣れていない)から


クラブに
行かないか?

とお誘いが・・・。

クラブに行くことは、正直こわかった。

けど
友人のいうとおり、
人生一度きりやし。。。
経験しておくのもいいかなって。

というわけで、

もちろん、行くぜ!」



正月にクラブへ


ぼくが感じた。
クラブで起きた出来事とは・・・

 モテたいと思ったきっかけは、忘れもしない、2017年の正月。

友達に誘われ、クラブに行くことに。

初めてのクラブで、女の子と仲良くなって、あわよくばと意気込んだが、入店すると、恰幅のいい男達、ビックリするぐらいのイケメンたち。


そして女性は、良い香りをさせた女の子達。
BGMに華麗に踊る女の子達。




無理じゃ・・・

話すのがこわい

僕は、悟った。

ここの世界では、

「自分」

が全く通用しないことに。


これじゃ、猫VSトラ。
勝てない。


恐くなって、
端っこの方でお地蔵さんモード

そして、気付く。


ナンパしてなんぼの世界で目も合わせられない、女の子と喋れない。

女性との話し方を忘れてしまっていた。

 

この頃は、
合コンや街コン等である程度、

経験を積み重ねていたが僕。


合コンや街コンでは、出逢いが目的だから、
なんなく会話できていたのに、

フィールドが変わった途端、僕は全くダメだった

今思えば、
レジの店員とも目を合わせることもできていない。
こんな当たり前のことができていなかった。


話し掛けて断られるのがこんなに怖いのか。

素直に足が震えた。

正月はひきこもり・・・

この体験から、正月はひきこもっていた。


「どうやったらモテるのか?」
と模索する日々を過ごす。

そして、

一冊の本と出逢った

のちに、
この本が僕を大きく変えた。

人生のバイブレーションである。

クラブでの敗戦を経て 出逢ったとある本

クラブでの
悔しい想いをしたことを
モテる先輩にアドバイスをもらうと、

僕の人生観を、変える本を紹介してもらった。

ぼくは愛を証明しようと思う。

なんと。合理的にこんなに恋愛ついて語られているとは。

とても勉強になる。


「なぜ、
 人は生きていくのか」

と問われれば、如何にして優秀な遺伝子を残すか。

これに尽きると考えている。

なるほど。
学園カーストやいじめもなくならなければ、
値踏みされたり、上下差別が尽きぬ。

人生とは、

生き残りを
掛けた戦争だ



女と金は人生を変える。
遅れをとった!

無意識にただなんとなく過ごした街コンや、合コン。

僕は自分の人生を大切に生きていなかった。

こんな大切な事


先生や親は教えてくれなかった。

自分で考えて、アクションしていなかった。いつもリアクションばかりだ。

誰かに誘われるからただなんとなく。が多すぎた。

かくしてモテたいと考えた僕は。

ぼくは愛を証明しようと思う。
この本を何度も熟読して、恋愛工学を知り、行動に移した。

モテたいと思った僕は、様々なアクションを起こした。

まず自分にできること。

中身を変えるのは難しいから、

まず見た目を変えた。

香水、まゆげを整える。
美容室。化粧水。筋トレ。日焼け止め。BBクリーム。服装。etc・・・

どうすれば、最高の自分を魅せられるか。

に着目して、変えていった。

そのつぎに、中身や習慣について変えることを試した。

どんな時でも、相手の眼をみて話すこと。

女性誌を読む。(女性のことを知る)

声はハキハキと。

姿勢は胸を張り、自信があるように堂々と。

猫背にならないように意識する。

 色々試した事を今後も実際の合コンでの様子等を記事にして、どうすればモテるのか、展開していく。

 

この体験と本は僕を変えた、かけがえなのないきっかけなのだ。


広告