好きな食べ物はお肉です。そこは、譲れません。僕です!ぎりぎりおにぎりです。

前回からの続きを記していくぞ。糸島最高というところで終わったはずなので、
ここからは、グルメをメインに紹介していく。

水炊き「とり田 博多本店」

店内の雰囲気も良し、こんなところにデートで連れてきてもらえれば、
僕はすぐに好きになっちゃう。

水炊きが来る前に食べた彼も絶品!

オススメと書かれた、ごまさばを頼んだ。見た目のフォルムは美しくないが、
なんと旨いことか。
大阪では全然見かけないが、ぜひ大阪でも食べたいものだ。
これさえあれば、ビールが進む、ダルビッシュ級の一品である。

そして、いざ水炊きとやら到着。そもそも水炊ってなんぞやと思われるかもしれない。これも大阪ではあまり見かけないので。(僕が知らないだけ?)
 博多を中心とする九州では鶏肉を使うものが主流で、野菜にはキャベツを使う。
元々は水または湯だけで煮るものを水炊きと呼んでいたが、
味を安定させるためあらかじめ鶏でとった出汁を用いる場合もある。
鶏を長時間煮込むため白濁したスープになる。

旨すぎて、写メを撮る前にたべちゃったぞ!

福岡に来て、一番うまかったのは、もつ鍋でもラーメンでも明太子でもない。水炊きだ。
なんだこれは!!感動した。心揺さぶられました。
福岡ではこれを絶対に食べることを勧める。

さて腹六分程度で抑え一行が向かったのは、屋台だ。

個性的なネーミングだ

平日にも関わらず、人気店は少し列をなしている。
仕事終わりのサラリーマンには、うってつけのようだ。
焼きラーメンを食べようと思ったが、お腹が膨らんできた。
屋台も2,3件はしごするつもりだったのに、1件で満足。
いや、それ以上に水炊きが旨すぎたのだ。
屋台闊歩は、次回の楽しみにとっておくこととする。

bar好きの僕は、実はbarにも行く予定にしていたが、早朝の早起き、慣れぬ長時間移動での疲労でべろべろに酔っぱらってしまっていたので、おとなしくホテルに退却し、一日目が終了。

幸せは朝食から!

タイトなスケジュールを自分で組んでおきながら、6:00起き。
眠すぎるわっ!そんなにお腹減ってないぞ(笑)
ご利用は計画的にじゃないけど、お腹の具合もしっかり調整して計画経てておくべきだ。
でも関係ない。今回の旅の目的は食い倒れ。ホテルから徒歩10分ほどで、到着

博多魚がし 市場会館店

早朝の海鮮丼は意外にもぺろっと食べれた

なんともないかのように普通に食してしまった(笑)シンプルにおいしかった。
素晴らしい贅沢だ。ホテルでのチェックアウトまでに我々に残された時間はないため、
ダッシュで勉学の神様がいらっしゃる、大宰府天満宮へ参拝。おしゃれなデザインのスタバで
ドリンクを飲みながら、まったりした。

これぞほんとの おしゃんtea

ホテルに戻ってきてから、チェックアウトを済ませ、荷物を預け、
キャナルシティのラーメンスタジアムで昼食を!

心を躍らしすぎて、ラーメンの写メを撮りそこなった

お待ちかね もつ鍋屋へ、いざ!

昼ご飯を食べ、お土産コーナーで時間をつぶし、一行はラスボスにふさわしい、もつ鍋屋へきた。正直そこまでお腹は減っていないが、
ここまできたら、意地の戦いだ!くってやる、くってやるのだ!

おおいし 住吉店

半端ねぇ

あぁー。旨い、至福のひと時だ。にらやにんにくがこんなにもにらみを利かしているのに、
いっぱい、またいっぱいとお椀に注いでしまう!箸が止まらんぜよ!!

暑い日に福岡に行った結果、最高でした。

最高の旅を締めくくる大迫ネタ

広告