9月1日は、ギリシャヨーグルトの日なんですって!?

https://twitter.com/parthenophoto/status/1166531052606611456

ギリシャヨーグルト好きを公言している僕も知らなかったよ~。

僕は、中学生から朝ごはんは、バナナとヨーグルトをずっと食べて育ってきた。それは、今もなお変わらないスタイル。

仕事柄デスクワークでなまってしょうがないので、筋トレを始めるようになった、僕。筋トレ勢として積極的に摂取したい成分、それは、『たんぱく質』

トレーニーには、欠かせないこのたんぱく質
毎朝ギリシャヨーグルトから摂取することができる。

それは、人体や筋肉を作り上げる上で最も欠かせない成分だ。賢いあなたはお気付きかもしれない。そう!ギリシャヨーグルトは、高たんぱく質なのだ!

という訳で、今回は、僕がヨーグルトメーカーでギリシャヨーグルトを作れるようになるまでを綴ります

日本のヨーグルトシェア三割を独占する、400g158円という安くて美味しい明治ブルガリアヨーグルトさん。ただブルガリアに認められた、ヨーグルトらしい。僕もお世話になっていた口である。日本の食卓に美味しいを提供してくれていた。ボッチ暮らしにとっては、ありがたい食品である。そんな明治ブルガリアヨーグルトさんで摂取できるタンパク質は、
100グラム当たり タンパク質は3.4グラム。(明治ブルガリアヨーグルト公式HPより抜粋)
タンパク質において、パルテノヨーグルトのおよそ3分の1である。

しかしながら、対してギリシャヨーグルトは、一個あたり、(100g)120円~160円と割高であり、高級食品である。ブルガリアヨーグルトがどれだけ僕の暮らしを支えていたのかお分かりだろうか?

そこでひらめいた。せや、自分で作ればいいやん!1人暮らしをして学んだことは、何事も自分でやったほうが安価だという真実。例え時間がかかったとて、それは、かけがえのない経験になる。

料理だって、自分で作った方が安いし、外呑みよりも宅呑みの方が、安価。人間って、不足している(僕の場合、圧倒的にお金)と工夫をするように生きる生き物なのだ。実家をでて、不足を経験することは、ボッチ暮らしの魅力です。

ヨーグルトメーカーを購入しよう!

話がそれてしまったが、どうやってヨーグルト作るんねん!って話ですよね。今ってホント便利な世の中ですよね。ヨーグルト作ってくれる機械があるんですよ。

ヨーグルトメーカーっていう便利器具があるのよ!
ヨーグルトメーカーもリーズナブルなものであれば、3000円もあれば買える。
ギリシャヨーグルトを作れる機械を購入!

早速ヨーグルトメーカー使ってみるで~!

ブルガリアヨーグルトを牛乳にぶちこんで、温度と時間をセッティングして、生成する。ワクワクしながら翌朝起きてヨーグルトメーカーに目を向けると、できてる。んが、僕の期待するほど固まっていない。飲むヨーグルトとまでは、いかないが、市販のヨーグルトよりは、固まりが悪い。本来の目的である、ギリシャヨーグルトには程遠い。

ここでしっかり説明書を読むが。。。

市販のコーヒフィルターを用いて!?

ギリシャヨーグルトを確かに作れるが、普通のヨーグルトを作ったあとで、容器に移してから乳清を取りきらないとギリシャヨーグルトには、ならない。
さらに、半日も寝かさなくてはいけない旨が書いてあるでは、ないか。

泣く子も黙るほどにせっかちな僕。 

スイッチ入れて朝起きたら、そこには、僕が待つギリシャヨーグルトじゃないのか!
そこから手を加えなくてはいけないのか。

あぁー、めんどくさっ。

待てよ。今回、ヨーグルトの種は、ブルガリアヨーグルトを使った。

種からすでにギリシャヨーグルトであるならば、万事解決ではないか!

スーパーで売っている一番安いギリシャヨーグルトを買って、牛乳に投下。
セッティングしてワクワクして翌朝見ると、僕が期待するほどの固さでない。そりゃ多少なりとも堅さを兼ね備えているが、それはまるで豆腐のごとし。豆腐以下かもしれない。
やはりダメなのか。元の種がギリシャヨーグルトであったとて、限界があるのか。めんどくさい工程を一つ増やさなくてはいけないのか。洗い物が増えるし、時間もかかる。めんどくさい。

諦めかけていたとき、救世主登場

キッチンの汚さはご愛嬌(笑)

普段、割高過ぎて、手が出ない、森永乳業パルテノヨーグルトがスーパーで処分するのか、たまたま値引きで100円で売られていた。

実はその後、何回か別のギリシャヨーグルトを試すも、僕の期待値を満たすほどのヨーグルトは、生成されなかった。が、僕はすべてのギリシャヨーグルトを試した訳ではない。
もしかして今度こそ!と一縷の光が僕に差す。

森永パルテノヨーグルトをふんだんに入れ、おもいきっり混ぜる。(この頃になると、この撹拌行為が成功か否かを決める大事な工程ということを体得していた。)ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る上で最も大事な工程。混ぜる。ひたすら混ぜる。
ねるねるねるねを生成する要領でしっかり混ぜる。⇒子どもの頃食べきってしまうともったいなくて、ずっと混ぜていたような気がする(笑)

設定温度を41℃時間は8時間にセッティングの上、就寝。

そして翌朝、ご覧いただけるだろうか?

れっきとしたギリシャヨーグルトが完成されている。この固さ食べたときの腹にたまる感じ。確かに僕の心を満たすほどにしっかりギリシャヨーグルトだ。

わーい!これで一生ギリシャヨーグルトを作れる!意気込んだ!次回生成用に今回作ったギリシャヨーグルトから、別のパックに移して、保存。そして、来るべき日、そのギリシャヨーグルトを用いて、お手製のギリシャヨーグルトを作る。

ワクワクも束の間?

2回目を作ろうと保存していたヨーグルトを牛乳パックに入れ、撹拌させる。

翌日見てみると、

ありゃ?

固さがもろくなっているでは、ないか。

うーん。なるほど、楽してギリシャヨーグルトを作ることが出来るのは、森永乳業パルテノヨーグルトの種を用い且つ、一回きりのようだ。

それでも充分だ。牛乳とパルテノヨーグルト代350円ちょっとで900ml分のギリシャヨーグルトを作れる。1日100g食べたとて9日も持つ。素晴らしい。朝飯が350円÷9日で1日あたり約40円。超絶節約だ!しかもヨーグルトなので健康的かつ高たんぱくと二点セット。

ヨーグルトメーカーでギリシャヨーグルトを作るポイントまとめ

いかがだっただろうか? ヨーグルトメーカーでギリシャヨーグルトを作るまでのコツとしては、

  • 使用する牛乳は、牛乳と記載されていること。
  • 種となるギリシャヨーグルトは、森永乳業パルテノヨーグルトを使用
  • 混ぜろ!ひたすら混ぜる。攪拌、命!
  • 温度設定とか書いたけど、別に40℃8時間でも出来たので、その辺はお好みでどうぞ!

ヨーグルト好き、若しくは、トレーニーや節約したい方には、ぜひヨーグルトメーカーを推奨します。

広告