【恋愛テクニック】モテるために見た目を変えよう!

どうも~!ヨーグルトは、ギリシャヨーグルトをこよなく愛してます、ぎりぎりおにぎりです。

誰しもが考えたことがある
「モテたい」
という欲求。

ドキドキしながら告白して、フラれたり。
付き合っていた彼女に突如フラれ、
翌週には違う男と付き合っていたり。
そのたび傷ついていた僕。

そんな僕が、恋愛工学というメソッドと出逢い、変わった。
そして、分かった。
人間は中身じゃない。

このページに来たということは、
現状打破したいのだろう。
ともに打開していこう!

モテるには 

さて、変わるといってもどこから、変えていいか分からない。

ぼくの好きな言葉のひとつに他人と過去は変えられないという言葉がある。

とどのつまり、性格や中身は中々変えることができない。

であれば、モテるためには、まず見た目を変える。

そして
何より行動に起こすこと

変わり始めることに遅すぎるなんてことはないんよ。

1.美容室に45日程度のサイクルで行く

見た目を変えるためにワックスやジェルをつける。
カッコいい状態を保つ。

モテない頃のぼくは髪型をあんまり意識したことがなく、
ワックスもつけてなかったし、人間は中身や!と思っていました。

ですが、初めてあった人にまた逢いたい!
と思って貰わなければ、次はない

この一回が勝負!
なのです。
中身を知ってもらうのは、もっと先の話。

美容室なんて値段が高すぎるよというあなたに朗報です。
格安でカットしてもらえるアプリがある!
(場合によっては0円なんかも・・・)

【必見】美容室節約術⇒こちら

2.相手の眉辺りをみて話す

ところで、アナタは、
『相手の目を見て話せてますか?』
僕は、これがとても苦手だった。

ずっと目を見られると、
威圧感を与えてしまうので眉辺りをみるくらいがちょうどいい。

ぼくは、人と話すとき、下をみがちだった。
自信がないのか不自然になってしまう

女性が好むのは、弱々しい男よりも強い男好きなのです。
年上の女性にリードしてもらいたいとか甘えた考えは捨て、自然に堂々と見せよう!

相手の顔を見て話すのが苦手な人は、
目を見て話すトレーニングをしよう!

毎日通うコンビニの店員さんや会社の人、
日々の意識で変わる 

 

 

3.ハキハキとしっかり話す

合コンや初めて会う女性に対し、自己紹介をする時に

『相手にキチンと伝わるかな?』
と考えてしまい、声が弱々しくなってしまった経験はないだろうか?

低くて、優しい声は、相手に信頼感を与える

 
自信なさげに話すと弱々しく見える。
緊張すると弱々しさが相手に伝わってしまう。

自信が無さそうな仕草といえば、

話している最中は、

顔や髪を触らない。


日常から意識しよう!

女の子に限らず、店員さんや挨拶など練習も無しに、本番で上手くいくはずがありませんからね。

自信がありそうなやつがモテる

その判断指標は、であったり、仕草決まると言っても過言ではない。
会話の内容だけ

モテることはない

第一印象がすべて

言葉をご存じだろうか?
これはメラビアンの法則といって、とても有名な心理学の法則である。
相手に与える、第一印象には
「視覚情報が55%」
「聴覚情報が38%」
「言語情報が7%」
といわれている。
視覚情報(表情や身だしなみ)が、約半分も占めている。

すなわち、

モテるために、見た目を変えること

が、いかほど大切かよくわかっていただけたかと。

4.姿勢を正す

背中が丸まっていると、暗く見える。
スマホを見ている時など気を付けよう。
とはいいながらも僕も猫背だw

腹筋を鍛えて、背筋も鍛えている最中。
気付けたことが大事。

悪しき習慣を断ち、いい行いは、いい習慣にしていこう!

努力とか言ってる内は、まだ習慣化されていない。
歯を磨く、お風呂に入る、なんて幼い頃はできていなかった。
でも成長につれできるようになっている。
それぐらいの感覚になるまで落とし込む。

苦しみの先に楽しみが待つ

だから、僕は筋トレもやっています。

5.香りへのアプローチ

こんな体験はないだろうか?
キンモクセイの香りがふわっとしただけで、
なんだか懐かしいなぁ~、とか
秋の訪れを感じたり。

匂いは記憶に直結している


香水じゃなくとも柔軟剤とかグルーミングバームを。
清潔感を意識してもらう為に、いい匂いと思ってもらうことが大事。
汗臭いほうが男らしいなんてことは、ない。

匂いは記憶に直結しやすいと言います。
多数の人と知り合う街コンや、合コンでもかなり有効な手です。
そして女性はいい匂いが大好きなのです。

6.眉毛を剃る 整える

意外とやってない人がいる。


これだけで見た目が大きく変わる

すぐできるし、オススメ!

眉毛シェーバーなるものがあるので、
僕はそれを活用している。

7.服装を変えてみる

 僕自身、一人暮らしを始めたときに、お気に入り以外の服装は捨てた。

なんとなく着るかなと置いていた服装は、結局着なかったからだ。

という訳で、いつも同じ服装なのだけれども、服装を見直すのは、

見た目を変えるにはうってつけなのは、間違いない。  

ちなみに、テーラードジャケット、細目の黒パンツに革靴が僕のスタンダードです。

流行りものは、年代が変わると、廃れていくので手は出さない方が無難。


8.BBクリームや日焼け止めを塗る

見た目を変えるということに大きく寄与する。

 
最近では、
男性が化粧をするのも徐々に常識になりつつある。
が、僕は抵抗がまだある。⇒というよりめんどくさいw

そんな君に朗報である。肌のくすみを消して艶を出してくれる、BBクリームを塗るだけで、肌の印象がガラリと変わる。

ぼくは、鼻がイチゴ鼻なので、薄めてくれるBBクリームは、重宝している。
日焼け止めは、将来シミになったりする肌を守るための先行投資だ!


モテたい人は必ずやろう

ま と め

本日のまとめ 

モテるためには見た目を変えること

見た目が変わると自然と行動が変わる。
行動が変われば中身も変わる。

 

いいサイクルを作り上げるのにとっても必要です。
モテないと嘆く前に自分にできることは、何だと探すことが重要。
これら上記のことは、実際に僕が試して体感したことです。
今後、記事にしますが、実例を踏まえて、紹介していきます。

自分がやってみたいと思った時が旬やで。

何かを始めるときは、まず何をしないかを決めるが重要。

時間は限られています。

あれもこれもと手を伸ばすと情報過多になり、
結局やらなくなりがち

まず、身近にできることから、始めよう!

さぁ、あなたは、どれをやめ、どれから始めますか?

あわせて読みたい 

【美容】オススメアイテムまとめ
【必見】美容室節約術⇒こちら


広告