どうも!趣味は、全裸でお風呂に入ること。ぼくです。ぎりぎりおにぎりです

今回は、出会いが欲しいけど、何をしていいか、何から始めたらいいか分からないという貴方にお送りする会です!
僕の体験を基に、オススメまで紹介したいと思います。

出逢いのツール

さて、ぼくの出逢い方は、基本的に、街コンor合コンで出会っていた。
ということで、合コンと街コンを対比したいと思います。
出逢い方としては、世の中にはTinderやまっぷる等マッチングアプリがあるが、実際にやってみた結果、僕はオススメまではしていない。

※Tinderを本気で取り組んだ結果⇒こちら

という訳で僕の出逢いの基本は合コンか街コンで出会いを楽しんでいた。
合コンというのは、聞いたことはあるが、街コンと違うのは何か?と問われれば、
以下の構図が出来る。

出会える異性の数

街コン>合コン

一日で知り合えるのは、街コンのほうが多い。
よくあるのは、店舗を貸し切って、そこに男女が入り乱れるシステムだ。だが、積極性を失えば、(通称:地蔵モード)終わりだ。女子は受け身。男子が誘導して会話を盛り上げよう!基本は目を見て、挨拶から会話をスタートしよう!

かかる費用は?出費はいくら?

街コン>合コン

街コンが業者を仲介する分、金額が高い。料理にも期待しない方がいい。冷凍食品ばかりだ。なのに平気で5,000円以上むしり取ってくる。(女性は、人数を集めるために安価に設定されていることが多い。)
以前、梅田で寿司職人が握る寿司コンなるものがあったので、そちらに参加したが、職人が握ろうがネタが全然新鮮でなく、グミみたいでとてもじゃないけど食えたもんじゃなかった。目的を履き違えてはならない。

寿司を食べに来たのではない。恋を見つけにきたのだ。

異性の質は?

合コン>街コン

これは普段から付き合っている友人等に左右されるので、(幹事としての手腕が問われる)非常に難しいが、実際に体感した且つ結果で記載するのだが、僕みたいな陰キャは、

合コンの方が、最終的に付き合えた回数が多い

というより街コンに至っては、付き合えたのはゼロだった。戦績は、見るからにわかる。ボロボロだ。僕は休みの日にお金を払って、心を鍛えていた。街コンは、出会える分母の数が多いものの、どう考えても釣り合わない女の子2人組を見かけたので、仲良くなって事情を聞いてみると、「紹介で、来たから無料だったのと、私彼氏いてるからLINE交換しない」といった具合の小娘もいた。(それもそういったケースは、1回だけじゃなかった。)ぼくのことが嫌いだから、連絡先を交換してくれないという可能性を除けば、そのケースで断られたことが多少あった。また連絡先を聞いても、返信がない等は当たり前だ。

そういったのをわざわざ見極める手間がいるので、正直お勧めしない。

しかも悲しいことに一緒に行った友達と、狙った女の子が被ってしまい、奪われるということも味わったことがある。

合コンは、最低限食費用はかかる。もし仮に彼氏がいたとしても、うまくいっていないことや高い飲み代も払っていること等、条件が重なって、うまくいく可能性もまだ高く、

結果的に合コンの方が、付き合える可能性が高かった。

次に繋がる可能性は?

合コン>街コン

え?出会える分母の数が多い街コンの方が、次に繋がらないの??と思われる方がいるかもしれない。試合時間を考えてもらえれば、これは簡単だ。

1試合2時間、上手くいけば、延長も可能な合コンVS 1試合3~5分  毎ラウンドで敵が変わる街コン

単純に記憶に残るのは、一緒に過ごす時間が長い合コンに軍配が上がる。短い時間で相手をKOしなければ、街コンは独り勝ちすることはない。じゃあ、街コンはお金も高いし、恋愛目的の女子がいない可能性もあり、(実際にアムウェイ絡みの業者もいた)連絡先を交換してくれない、良いところがないじゃないか~!!

どうすればいいんだ・・・。

よっしゃほな、合コン一択や!

痛恨の極み。

じゃあ合コンを開催しよう!・・・って合コンを開催するのは、我々にとって、まさしくヘビー級なのだ。ただでさえ、モテない、冴えない野郎と合コンを開きたいと思うのだろうか。きっと女の子も、家でyoutubeでも観てた方が楽しいだろう。じゃあどうすればいいのかと押し問答になってしまうが、実体験だが、街コンでたまたま同じテーブルで知り合った男の人と仲良くなり、その人が開いてくれる合コンにお呼びいただけたり、一緒にスイッチバーに連れていってもらえたりした。街コンにいって、うまく行きそうになければ、遊んでそうな男と仲良くなるのもひとつ。どこにワンピースが眠っているか分からない。

諦めたらそこで試合終了だよ

オススメはスイッチバー

※夏休み、実際にスイッチバーへ行ってみた⇒こちら

様々な体験をした僕がオススメするのは、貧乏ということも大いにあるが、スイッチバーを推奨している。できればストリートナンパが一番なのだけれども、これはとてもできそうにないや(笑)スイッチバーを押している理由としては、価格が安い、かわいい子が多い。ただ、男が多い。この戦争に勝利し、スイッチバーで女の子と難なく会話することが出来れば、街コンなんて楽勝だ。自然とふるまえる余裕さ、女性を魅了してしまうだろう。ただ慣れぬ頃に、いきなりステーキみたいなノリで行くと惨敗した。女性慣れしていないのであれば、街コンで感覚を掴む練習してもいい。街コンも進化しており、趣味コン等目的が設定されていたり、同じ境遇の女性にも出会えて話しやすいのも信実。人込みが苦手という方は、婚活バーを試してみるのも、おもしろいかもしれない。

それぞれメリット・デメリットがあるのを忘れないで、アクションしよう!


以上です。

広告