ドタキャンを喰らったぜ!

先日、パーティで知り合った、女性とデートに行く約束をしてましたが、すっぽかされてしまいました。

パーティで新たな恋を見つけたお話はこちら⇒【パーティ】もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対〜素敵な出逢い編〜

例え、女性が気まぐれスキルを持っていたとて、当日そこに現れない、LINEが返ってこないのは、原因があるからなのである。

ドタキャンされた、その原因を掘り返します。

なぜ彼女は、ドタキャンをしたのか。

僕が、キモイからである。優しく伝えると、
同じ土俵に立てなかったからなのである。

なぜだろう。彼女のハートを掴んだと思っていたのに、僕の何がイケなかったのだろう。

おそらくLINE交換時は、とても好感度が高かった。(返信の頻度が高めであった。デートの約束も即日決済で決めていた)

やはり、

その後のLINEのやり取りが、ビミョーだったのであろう。

僕が主にやらかした、要素は、2つある。

何の脈絡も無いのに、ボケる。

話しの前後を加味せず、会話が一方的だった。

酔っぱらいながら、返信をしたりしたので、後日読み返すと、会話の脈絡がなんにも無いのに、意味もなく急にボケていた。彼女が風邪をひいて返信が遅れたという謝罪に対し、まずは彼女の安否を気に掛けるのが普通なのに、そこには触れず、食事するお店のことを伝えてしまったり。

女性を大事に扱えないボンクラというイメージが刷り込まれてしまったに違いない。

そもそも彼女とは、初対面で1分程しか喋っていない。

要するに、お互いに、どんな人物像が分からない。

彼女は、僕という人間を裁判した。

そして、くだされた僕への判決は、

当日連絡が取れなくなるの刑

梅田でお店を予約していたにも関わらず、返信がなくなる。LINEの感触から、だいたいこうなることは予想できたので、ショックはさほどあまりなかったが、お店の前でボーッと待っていた。

あみんの待つわぐらい待っていた。

お見事予想的中。これが皐月賞だったなら。

けど、君は角から飛び出してくれなかった。

が、よくよく考えると、悪いのは僕である。

男は、商品。選ぶのは、彼女達。

僕は選ばれなかったに過ぎない。たったそれだけのこと。

人生とは。

遺伝子を残す作業(=人生)が、こんなに大変なことだったなんて。

恋活を始めて、改めて思うのであった。

LINEで魅了はできないけど、印象は操作出来る出来てしまうことが、判明した。そして、悪い印象が1度ついてしまうと、払拭できない。

なぜなら、ブロックされるし、もう会うことすら許されぬのだから。

確かに、LINEの返信をおざなりにしていたのは、否めない。そして、Tinderでもそうだが何の脈絡も無しに、ボケると大概返事が返ってこなくなる笑

良い気付きを得られました。ドタキャンしてくれてありがとう。

僕は、まだまだ成長できる。

今週もお会いする約束がありますが、暗雲が立ち込めております。いい報告ができるのは、一体いつになるやら。。。


広告