サッカー以外にバドミントン、陸上をかじったこともある経歴の持主こと、ぎりぎりおにぎりです。

これから、1人暮らしを検討している、もしくは1人暮らしを始めたいと思っているあなたにお送りする回第二弾でございます。

第1章は⇒こちら

何から準備すれば?

1人暮らしを始めたいと考えていても、何から手をつけていいか分からないあなたは、まず紙に書きだして、リスト化をオススメします。

どんな家や自分の住まいを構えるか、現地はいつ頃から見れるのか?どんな家具をそろえるのか、ベッドなのか、布団なのか。家電は、何を買おうか。そもそもお金がどれくらいかかるのか?口座は一つあれば遜色ないのか。考えれば、キリがない。まずやるべきことを順追って、リスト化しよう。
まずは、住む家を探しましょう♪

お家を探すの巻

1.住む家について

まずは、どこに住居を構えるか。自分の希望にどれだけ沿えるか。
自分の住む家について、だいたいの条件を洗い出しておきましょう!

自分の中で住みたい家のイメージや条件が掴めたら、ちゃちゃっと不動産屋へ駆込み、現地を確認しましょう!ある程度、下調べしてから行くことをおススメします。

さぁ、下見先に到着!あれ?何を確認するんだっけ?

とならないために、私の経験をここに記そう。
事前に下調べした、目的の物件を見て「ハイ、終了!」とならないように物件の内覧は、不動産屋のオススメを聴く等して、比較材料として、必ず複数の物件を下見することをオススメ!あとあと住んでみたはいいものの、近隣住民の素行が悪くて、寝つきが悪くなった等、夢の一人ぐらい生活に茶々を入れられては、最悪だからだ。 
確認しておくべき事項としては、

1.ゴミ箱や門、廊下等の共有スペース

賃貸に住む場合、住民の民度が一番出るのはゴミ箱であると。ここが区分して捨てられているか、綺麗か否かである程度の民度が図れる。民度が低いと、素行が悪い等考えられる。

2.夜間の状況は安全そうか?

ライトが明るくない等、ひったくりや泥棒が侵入率が上がる。忘れずチェックしよう。

3.カギはしっかりしている?

これもセキュリティ面を考慮して必ず、チェックしよう!

4.コンセントやテレビ、電話の端子の位置

テレビを置ける場所は限られているはずだ。1Kによっては、テレビの設置場所で冷蔵庫等の設置位置が決まってくる。おのずと、レイアウトが決まってしまうのだ。僕は、テレビを見ないので、実家時代に愛用していたセミダブルのベッドを持ち込んだせいで、部屋は、ほぼベッドに制圧されてしまうという結果にw

5.エアコンはある?

正直この暑さの中、エアコン無し等発狂しそうだ。エアコンがないなら、設置費用工事等も視野に入れておこう。一人用は、大概エアコンがついていることが多いのだが。

6.収納は足りそう?

自分の持ち物が部屋に入らないんでは、快適とは言い難い。収納はばっちりか。事足りてるか確認しておこう。

7.騒音は気にならない?

駅からあまりに近すぎると、電車の騒音や、酔っ払い達のおっさんの声が

気にならないか、寝るのに違和感はないか。僕はかなり駅近にしたのだけども、電車の騒音はきにならないものの、サラリーマンたちの声に時々苛立ちを覚えている。

8.窓は大きい?風通しは?

一人暮らしだと確認しておいた方がいい。窓は少なく、ベランダから扉まで一直線しかない。扉を常に開けるわけにはいかないので、風通しは悪くなる。

9.洗濯機の置く場所はある?

今時そんな物件あんのかよ!って思うんですが、割と多かったです。洗濯機がベランダに設置するタイプのお部屋。僕は「家賃」と「駅近く」のみで探していたので、候補をあらかた調べていましたが、洗濯機を外に置くのは、すごく嫌だった。実際に見てみないと分からないものですね~。

10.近くにコンビニやスーパーはある?

仕事終わりにコンビニが近くだとすごく助かることが多い。アマゾンの配送をコンビニで受取れるサービスや、急用で切手が必要だったりとか。一人暮らしは何かと、日常用品がふと必要になったりする。

11.実際に駅まで歩く感じは、どうだろうか?

グーグルで調べる道のりと実際に肌感覚で感じるのは違うことがあったりする。陸橋があったりして、やたらに階段が多いとか、急な坂道があったり。夏場灼熱の中歩いて、電車に乗れる勇気がどれくらいあるのか。車をお持ちの方は、実際に細い道だと一方通行が多かったりして、

めんどくさかったりする。「こんなところに自転車停めるなー!」ってw

12.キッチンやお風呂・トイレの換気扇は?

基本的に風通しが悪い物件が多い。しっかり喚起しておかないと、水アカや、カビが繁殖しかねないぞ!

これで下見は完璧だ。ワクワクが止まらないだろ?早く一人暮らしを始めたいんじゃないか?

あれ?お主、また
武者震いしておるではないか!


広告